柴田恭兵の息子の死因は心臓の病気!20歳で大学在学中の孤独死だった?

『あぶない刑事』シリーズで有名な俳優の柴田恭兵さん。

芸歴50年を迎える国民的スターですが、プライベートでは壮絶な経験があるようです。

なんと最愛の息子さんを亡くしていたことが分かりました。

そこで今回は柴田恭兵さんの息子さんについてリサーチしてみました。

目次

柴田恭兵の息子の死因は心臓の病気!

X

柴田恭兵さんは3人の子供の父親なのですが、なんと次男が20歳の時に亡くなったことが分かっています。

柴田恭兵さんの1人目のお子さんは奥様の連れ子らしく、亡くなった息子は実質柴田恭兵さんのたった1人の息子でした。

3人目は娘さんなんだね。次男に何があったんだろう?

死因は心臓の病気だった

もともと気管支喘息の持病だったという柴田恭兵さんの息子さん。

事務所には「病死」ということだけが明らかにされており、死因の真相は明確に分かっていません。

亡くなった主な原因は心臓発作だったと言われています。

突然の最愛の息子の死に、詳細を明かす気力もなかったのかもしれません。

恐らく今後も息子さんの死について、柴田恭兵さんの口から詳細が明かされることはないでしょう。

柴田恭兵の息子は20歳で大学在学中に孤独死した?

柴田恭兵さんの次男は死亡当時は大学に通っており、1人暮らしでアパートに住んでいました。

俳優柴田恭兵(54)の二男鮎さんが昨年12月に心臓発作のため死去していたことが24日、分かった。20歳だった。九州の大学に進学した鮎さんは、1人暮らしをしていた自室マンションで遺体となって発見された。所属事務所は「病死とだけ聞いております。柴田からこの件で対応することはありません」と話した。

出典:日刊スポーツ

当時の報道によると、息子さんは2004年12月に亡くなっていたことが分かります。

通っていた大学はどこ?

柴田恭兵さんの息子さんが通っていた大学は、九州芸術工科大学と言われています。

九州の名門大学ですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次